2013年05月31日

シオンちゃん ありがとう。


こんなに突然にお別れの時がくるとは思ってもいませんでした。

気が付くともう5日も経ってしまったのですね…。

ここ数日記憶が飛んでしまうことが多く、
シオンがお空に旅立ってしまったことが正直信じられないです。

でも、小さくなって戻ってきたシオンを見ると、
やっぱりもういないんだなって…。



最後の日。

その日は日曜日で動物病院は休診日でしたが、
前日に行ったときにもし調子が悪いようなら明日も来て下さいと。

朝から元気はなかったのですが、
食欲も少しずつ戻ってきて、
そうそう、カリカリもとってもいい食べっぷりになってきてたんですよ。

でも、月曜日まで待つのは不安で…。

やはり病院へ連れて行くことにしました、。


体温はまた37.1℃に下がってしまっていました。
体重は7.9kgと最後の最後にまた増えていました。

おしっこも少し出してもらい、
心臓の方は落ち着いていてそれほど悪くはないとのこと。

お腹の調子も落ち着いていました。

点滴してと注射を打ってもらってる間もぐったり元気がなかったような気がします。

それから先生とすこし話をして…
病院を後にしました。

家に戻ってから、
その日はパパさんがお休みなので、
いつもはなかなか買い物にいけない近所のホームセンターへ行き、
違う種類の流動食の缶詰などを買ってまた家に戻ったのが、
たぶん13時前ぐらいだと思います。

早速シオンに買ってきた流動食をシリンジであげたところ、
ゴクゴク食べてくれました。

カリカリもほんとにビックリするぐらいの食べっぷりで、
近くにいたパパさんに「カリカリって音が聞こえるでしょ?」って私が言ったくらいだったんですよ。

最後に水のみでお水をゴクゴク飲み、
そしてこれが最後の食事になりました。
なんと亡くなる30分前ぐらいまでカリカリを食べていたんですよ。

そのまま10分ぐらい抱っこしていて、
先ほど行った病院で体温が低かったのがとても気にかかり、
ホットっマットを敷いたベットに寝かせたんです。

それから何分ぐらいしたでしょうか…。

下痢はしても吐くことがなかったシオンでしたが、
突然、おえっおえって吐き出したんです。

食べたものの、
もう体が受け付けなかったんですね…。

すぐに抱きかかえ
そのまま背中をさすったりして…
いつものように抱っこしていたんです。

5分ぐらい経って…

シオンの頭が後ろにガクンと崩れたんです。
ここ3日間は全身の力が抜けたようなかんじだったので、
まさかその時に亡くなってしまったとはおもいませんでした。

シオンの顏を見たとき、
何か嫌な予感がして…

あわてて心臓の触ってみましたが、
すでに止まっていたようです。

ちょっと離れていたところにいたパパさんに
「シオンの心臓が動いてない!って大声で叫びました。

すぐパパさんが心臓マッサージをして、
私は口から何度か息を吹き込みました。

シオンちゃん、まだダメだよ。
お願いだから息をして。

でも、もう戻ってくることはありませんでした。

身体がまだ暖かく、本当に亡くなってしまったのかな。

獣医さんに電話してみようと思い、
外出中だったにもかかわらず、すぐに出てくださいました。

そして、やはり亡くなってしまってると。


これからは冷やしてあげてくださいとのことでしたが、
ホットマットのスイッチを切る勇気がなかなかなくて…
少しの間点けたままでした。

いつもは仕事でいないパパさんが一緒にいてくれたこと。
私が抱っこしていたこと。

それが本当に本当に良かったなって。


最後の時は私の腕のなかで逝ってほしいなってずーっと願っていました。


まだ眠ってるような可愛いお顔のシオンを見て、

ここ3日間は声もほとんど出すことが出来なくなり、
おしっこ出なくて、息をするのも大変そうなかんじだったので、

「シオンちゃん、楽になったね。
本当に頑張ったね」って、言いました。


私、思うんです。

3日前の夜中に突然下痢とおしっこをしてしまい、
その直後から声も出なくなって、
全身の身体の力が抜けたようなかんじになってしまって。

もしかしたらその時に亡くなってしまってもおかしくない状態だったんじゃないかって。

きっとシオンは旅立つ日を選んでいたのかなって。

そしてパパさんがお休みの日に私が抱っこしたままの時を選んだのかなって。

最後にカリカリを食べたのは私たちに元気な姿を見せたかったのかなって。


昨日、携帯から亡くなる30分ぐらい前の写真が見つかったんです。
なぜかその時撮らなきゃいけないっていう気持ちになったんですよね。

でもデジカメには入ってなかったので、撮ってなかったのかなって思ってたんですが…


抱っこしてカリカリを食べる前のものです。

シオンちゃん
SN3S0011-300.jpg
最後までカリカリ食べたね。

きっとママさんを喜ばしてくれたんだね。
ありがとう。


今朝のシオンです。

SN3S0001-600.jpg
たくさんのお花に囲まれてます。

SN3S0009-600.jpg
お気に入りの写真を遺影にしました。
14歳のころのものです。



大好きなお姉ちゃんや実家の母、
そしてたくさんのお友達のママが最後のお別れにきてくれて、
とても賑やかに見送ってあげることができました。

夕方、16年間お世話になった獣医さんも挨拶にくてくださいました。



やっとここまで書くことができました。


シオンちゃん 

私たちのところに来てくれて、
16年10か月という長い時間を一緒に過ごしてくれて、
ほんとにほんとにありがとう。




最後にお別れしたときのことはまた書きたいを思います。





いつもありがとうございます。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ







posted by yumisuke at 07:02| Comment(25) | TrackBack(0) | 旅立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 シオンちゃん、本当にお疲れさまでした。
そして沢山、ありがとう。
本当に親孝行で、おりこうさんだったね。
毎日シオンちゃんのブログで、可愛いお顔を拝見するのが楽しみでしたよ。
天国で沢山お友達を作って、楽しく遊んでね。

パパさん、ママさんも本当にお疲れさまでした。
そして沢山の愛を伝えてくださって、有難うございました。
遺影のお写真は、このブログのプロフィールに貼ってあるものと
同じですね。
シオンちゃんが、とっても可愛く写ってますね。
パパもママも揃ってる日曜日、そしてママに抱っこされてるときを、
シオンちゃんは選んで旅立ったのだと思います。
本当におりこうさんなシオンちゃん。
私もずっと忘れません。
Posted by たぬきママ at 2013年05月31日 11:07
ななチロママのところでシオンちゃんを知り、過去の記事をずっと拝見していました。
お肉を食べるうまうまお顔や、ママさんに抱っこされて 幸せそうなお顔を拝見して本当に幸せだったんだな〜って思いながら見ていました。

16年という長い時間を共にし、ママさんパパさんも幸せをたくさんもらったのですね。

またいつか、三人が巡り会えますように。
Posted by 桜ママ at 2013年05月31日 12:30
シオンちゃん、ほんとうによくがんばったね。
パパとママがいっしょにいる時に旅だってくれましたね。
ママが一人の時だと・・・ママが心配だったんだね。
最後までおりこうさんでした。
お空では、元気になってみんなと走りっこしてるのでしょうね。
これからも、お空からママを見守ってね。

yumisukeさん、お疲れ様でした。
心に悲しみの大きな穴が開いてしまって
寂しいですね・・・ツライですね。
でも、シオンちゃんはとっても幸せだったと思います。

朝、コメントを読ませていただきましたが
涙が止まんなくて・・・
コメント残せなかったので再度お邪魔しました。

事後承諾で申し訳ありませんが、
ブログでシオンちゃんの訃報を紹介させていただきました。
その際、遺影になったお写真をお借りしました。

Posted by セレナーデ at 2013年05月31日 12:35
シオンちゃんとのお別れは、本当に言葉に出来ないくらい悲しくて辛い事だと思います。
ちょうど去年の今頃、私も同じ思いをしたので、手にとるようにママさんのお気持ちがわかります。
だんだんと、我が家の柴クンと症状が同じになってきて・・・
私もこのブログを見るのが辛くなってきた事もありました。
でもシオンちゃんのがんばりに大丈夫!がんばれ!がんばれ!と応援していました。
ママさんの腕の中で天国へ旅立っていったのですね。
安心してお空へ逝ったのですね。
良かったね。一人ではあまりにもかわいそうだもの・
最後まで親孝行でおりこうなシオンちゃんでしたね。
私も涙がとまりません。シオンちゃんありがとう・・
Posted by さるぼぼちゃん at 2013年05月31日 17:28
私も朝、ブログを見て仕事前でしたが
号泣してしまい、コメントは夜に…と
今、お邪魔しています。
まだまだ何年もシオンちゃんの事を
見てななのお手本にしたいなと
思っていました。
シオンちゃん、幸せな人生でしたね!

ななも頑張ります。
Posted by ななのママ at 2013年05月31日 21:18
最後の最後まで、お利口さんで、
親孝行なシオンちゃんでしたね。
柴わんこのブログを探していた時に
タレ目のシオンちゃんに一目ぼれしたのは
一年ほど前だったでしょうか。
いつも可愛い表情に、どれだけ癒されたことか。
私もシオンちゃんには、ありがとうの言葉を伝えたいです。
yumisukeさん、パパさん、
お辛いでしょうが、お体に気を付けてお過ごしくださいね。
Posted by かぁしゃん at 2013年06月01日 00:39

yumisukeさん。
悲しみの中、シオンちゃんファミリーファンの私達に、最後のシオンちゃんの様子を伝えて下さって、本当にありがとうございます。

シオンちゃん、カリカリを食べる様子や、お水を飲む様子や、シオンちゃんの抱っこの感覚をママさんに覚えていてほしくて、最後の力を振り絞ったのでしょうね。

旅立ちの時までしっかり、選んで、、、なんてお利口さんなんでしょう。
遺影のお写真は、私の大好きな、写真です。

yumisukeさん、シオンちゃん、たくさんの愛をどうもありがとう。

大好きです。
Posted by 笑う犬達 at 2013年06月01日 01:20
追記。

お外を眺めたり、お水をピチャピチャ飲んだりしていた、いつもの、シオンちゃんの場所に、、、シオンちゃんを居させてあげてるんですね。
ママさん、パパサンのシオンちゃんへの愛を一層感じます。
Posted by 笑う犬達 at 2013年06月01日 01:26
シオンちゃん、最期の最期まで頑張ってくれましたね。本当にあっぱれでした。そして飼い主思いの優しい優しいシオンちゃんでしたね。

改めてワンコちゃんが旅立ちを決める時ってあるんだなと実感させられました…。

でも、正直残された私達は辛いですよね…(涙)

シオンちゃんが旅立ってからyumisukeさんがどんな思いで過ごされてたのかと思うと私もつらかったです。。

遺影のシオンちゃんはブログに使われてたお写真ですね!それを見てゴンにそっくりだと思い親近感がわいていました。

今頃、たくさんの仲間達と走り回ってるでしょう。

yumisukeさん、これからも波のように押し寄せる激しい失望感や虚脱感などの繰り返しで大変だと思います。
その時は私達、同じ経験者がいる事を思い出して下さいね!

どうかご無理なさらずにお過ごしくださいませ。
シオンちゃんは永遠にyumisukeさんのそばにいます☆

Posted by ゴン太 at 2013年06月01日 08:52
シオンちゃん、お空に行く直前まで、
頑張っていたんですね。
最後のお写真が、
『 幸せだったよ。ありがとう。 』 って、
言ってるように見えて、
ほんとに、旅立つ時を選んだのかもって思います。

私も昨年、犬を亡くした時に、そばに居てやれなくて、
ずっと後悔しています。
せめて、家族の中で、旅立たせることができたら、
もう少し気持ちは楽だっただろうなって。

シオンちゃん、よく頑張ったね。
いつも可愛い顔で、癒してくれてありがとう。
シオンちゃんのお座り、大好きでした。
Posted by chiko*pippi at 2013年06月01日 16:07
初めてコメントさせていただきます。
シオンちゃんお疲れさまでした。よく頑張ったね。
私も2011年11月に息子(柴♂17才6ヶ月)を亡くしました。その後色んな柴ちゃんを影ながら訪問、応援させたいただいてました。
シオンちゃんに会うのを私の楽しみの一つにさせていただいてからまだ日は浅いのですが、ネンネの時間が多くなってもカリカリもしっかり食べて自分でお水も飲めて、シオンちゃんの頑張りに感心していました。息子は最後の半年ほどは寝たきり、強制給餌だったので。
ここ2〜3日、更新されてなかったので気になっていたのですが…
悲しさ、寂しさはいつまでも癒えることはないと思いますが、シオンちゃんは最後に大好きなママさんに抱っこされて、ママさんパパさんはシオンちゃんの最期を看取れて幸せだと思います。
私の場合、家族が仕事で出かけているときに一人で逝ってしまいました。
ただ弟犬だけが見守ってくれましたが。
誰もいなかった、それだけが今でも悔やまれます。

シオンちゃん、本当によく頑張ったね、これからは
お空で元気にたくさんのお友達と走り回ってね!
Posted by atomuoziro at 2013年06月01日 19:40
yumisukeさん、悲しいですね。
思いきり泣いてくださいね。
私も、読ませていただいて涙がとまりません。

ナナの時もそうでしたが、お利口さんのシオンちゃんは旅立つ日を選んでくれたのでしょう。

16年10か月!
本当に立派でしたね。
よく頑張ったね、シオンちゃん!

ご家族の愛情をいっぱい受けて、そしてたくさんの人に愛されていたシオンちゃんは幸せだったと思います。

yumisukeさん、くれぐれもお体ご自愛ください。
シオンちゃんは、いつもyumisukeさんと一緒にいますよ☆

Posted by midori at 2013年06月02日 17:59
yumisukeさんの今の気持ちを思うとどんなに辛いか。本当に突然のお別れでしたが、シオンちゃんはきっとパパさんママさんのいるときをわかって旅立ったんだと思います。ワンコはその時を自分で決めて逝くんだと思ってます。
そしてyumisukeさんが望んでいた通り腕の中で最期を迎えたのもyumisukeさんの気持ちをちゃんとわかっていたんだと思います。
シオンちゃん最後までお利口さんでした。
yumisukeさん、今本当ーにお辛いと思いますがシオンちゃんはずっとyumisukeさんの傍にこれからもいますよ。泣きたい時は思いきり泣いていいんですよ。
お身体御自愛ください。
ななとお揃いの水を置くテーブル、グッときました。
Posted by ななチロママ at 2013年06月02日 21:23
シオンちゃんは、パパさんママさんの気持ちをちゃんとわかってくれていたのですね。

私も思い切り泣いてしまいました。
yumisukeさんどうか、ご自愛ください。
Posted by ごまねぇ at 2013年06月07日 08:52
先ほど、ブログでシオンちゃんの最後を知りました。
遅くなって申し訳ありません。

読んでいて悲しくて悲しくて号泣しました。

シオンちゃん、お疲れさまでした。よく頑張ったね。
そして、yumisukeさん、パパさんも本当にお疲れ様でした。

うちの子と同じ名前の「シオンちゃん」ということで、ブログを拝見させてもらっていました。
文面は、いつもシオンちゃんへの愛情がたっぷりたっぷり詰まったものでしたね。
yumisukeさんやパパさんに抱っこされている姿は、本当に幸せそうに見えました。
お二人から愛情をいっぱいもらって16歳と10ヵ月の犬生を全うできたシオンちゃんは本当に幸せだったと思います。

yumisukeさんもパパさんも、どうかご無理をなさらないようにしてください。
Posted by ずっきー at 2013年06月17日 00:56
シオンちゃん、お空に逝ってしまったんですね。。。
直前まで、カリカリ食べて、シオンちゃん頑張ってましたね〜〜!!
シオンちゃん、すごいね〜〜〜〜〜〜〜〜。
優しいお顔のシオンちゃん、大〜〜〜〜好きです。

今頃はこうすけと一緒にお散歩してくれてるかな。

yumisukeさん〜、今はとにかく悲しくて悲しくて、胸がキューーンってなっちゃうと思いますが
たくさん、たくさん泣いて下さい。

わたしも今でもこうすけが逝ってしまった時のこと、
思い出すと胸がキューンとします。
色々後悔もしました。
でもでも、後悔がもしあったとしても、それは愛ですから〜!!!

シオンちゃんはシアワセでしたね。
Posted by ばななん at 2013年06月18日 10:30
シオンちゃん
yumisukeさんの腕の中で最期の時を迎えたのですね。
悲しいお知らせではあるけれど,
シオンちゃんの犬生のなかでも最高のひと時だったと思います。
パパさんがそばにいてくれたのもよかった。

ここ数年の間に,同い年のお友達が少しずつ
虹の橋を渡っていくのが,本当に本当に淋しいです。
でもシオンちゃん,あっちにいってもお友達もいるし,
もう苦しいこともないだろうし,
きっと楽しいこともたくさんあるに違いありません。
VIEがそっちに行くまで。もう少し待っててね。

yumisukeさん,そう思ってもやっぱりとっても淋しいよ。



Posted by vie at 2013年06月18日 22:09
こんにちは☆
yumisukeさんいかがお過ごしですか?
今日はクーの49日です。
今頃何してるかな!?いっぱいお友達と遊んで走り回ってるかな!?と いつも片時も忘れず 今日を迎えました。

ワンコは守護霊につきやすい、と聞きました。きっとしおんちゃんも パパママさんのそばにも安心しているんでしょうね♪
会いたいなー\(^o^)/って いつも思いますが、きっと姿が見えなくても 私たちのことをいつも見守ってくれてるんだと思います。
まだまだ心のキズが、癒されることはないですが、パパママさん共に、しおんちゃんが見守ってくれてますから、いつまでも元気な姿をみせてあげてくださいね。
また落ち着いたら ブログ楽しみにお待ちしてますね♪
Posted by クーママ at 2013年06月23日 15:25
お久しぶりです、Yumisukeさん
元気にお過ごしでしょうか

もうひと月になりますね
まだまだ時々思い出して、涙が出るときもあるのではないですか??

私はまだ実感がわきません(^-^;
携帯のデスクトップには、しおんちゃんの部屋にすぐに行けるショートカットがまだ…残ってます(苦笑)

しおんちゃんは、写真に写すことはできなくてもYumisukeさんの近くにきっとまだいますよー?
私は思い出したら、うちの子がそばにいるんだと勝手に思ってます

たくさん楽しかった思い出を
家族で笑いながら話せる日が早く訪れますように(^-^)
Posted by あき at 2013年06月25日 07:32
ユミスケさん こんにちは。
お久しぶりです。
かわいいシオンちゃんに 会いにきたのですが
シオンちゃん お星さまに・・・
きっと今頃 コロとも合っていて 2人?で 天国のお花畑を元気に走り回っていてくれるとうれしいな〜
16歳と10ヶ月 シオンちゃん ユミスケさんのご家族にいっぱいかわいがってもらい 幸せな日々を暮らせ最後もパパさんママさんに見守られながら旅立ったこと シオンちゃん最後まで幸せでしたね。
ユミスケさんと私が親しくさせて頂いたのも シオンちゃんのおかげでした。
シオンちゃん ありがとう。シオンちゃん 天国でも幸せにね。
ユミスケさん 少しずつ元気になってくださいね。
Posted by あんず at 2013年07月28日 18:54
yumisukeさんへ

暑中お見舞い申し上げます。
その後いかがお過ごしですか。

私は今でもこんな暑い日にはふぅふぅいってたげんお(本名はゲン)を思い出します。いつまでも心の中で生きているんですよね。会いたいです。

いつかyumisukeさんもシオンちゃんの思い出を綴ってくださいね。その日を待っています。
Posted by gengen at 2013年08月04日 14:42
yumisukeさま
まだまだ暑い日が続いていますが、やっと9月になりました。
あれから3か月が過ぎましたね。
どんなお気持ちで過ごしてらっしゃるのか、思うたびに涙がこぼれます。
酷暑と言われる暑さと、局地的な豪雨。
体調を崩したりされてませんように。

    
Posted by かぁしゃん at 2013年09月02日 13:05
yumisukeさん、ご無沙汰しております。
シオンちゃんがお空に旅立ってもう3ヶ月経つというのに、あのなんともいえない品のある可愛いシオンちゃんに会いたくなってこちらを訪れています。
かって私が愛犬を亡くした時、廊下とかベランダの隅など、いつもそこでこっちを見ていた姿が今は見えないことが辛く寂しく、何を思っても涙が溢れました。。
yumisukeさん、お辛いかと思いますがどうかお体に気をつけてお過ごしください。
そしていつの日か またシオンちゃんとの日々を執筆して、その時、どんなことを感じたかを私達に伝えてください。
私は今シニアわんこを飼っていますが、シオンちゃんを通じて大変参考にさせていただくものが多かったように思います。
シオンちゃんのようにパパ&ママさんを心から信頼して楽しい毎日を送れるよう、私も心を配っていきたいと思いました。
Posted by wine at 2013年09月02日 22:59
わたくしも、久しぶりにおじゃましたら、しおんちゃんが、亡くなったって、みて驚きましたし、ゆみすけさん、つらかっただろうなあと思います。わたしも寂しいです。
わたくしも、だいすけが亡くなった時は、四十九日までは、つらかったです。しかし、四十九日に犬小屋でお線香たいて、お別れを、改めてしたら、なんと風がひゅーってふいて、だいすけがありがとうと言っているしか、感じなかったです。
だから、気持ちが吹っ切れ、悲しくなくなりました。あの抱っこした感触は、あたたかく二人しかわからない、感触だったのだと思います。
しかし、しおんちゃんは、最後まで、幸せだったと確信します!
二人に会って楽しい時間が過ごせ、大事に愛され、とても満たされた悔いない日々だったと思います。
ほんとです。
また、このblog、どんな内容でもよいので、書いてくださいね。
よろしくおねがいします。
Posted by at 2013年10月08日 21:52
yumisukeさんいかがお過ごしですか。

シオンちゃんの1周忌の過ぎて、
笑ってシオンちゃんの思い出話ができるようになられたでしょうか?
まだまだ心が涙で一杯でしょうか?

我家のまるも、おじいちゃん度がまして
足腰ほんと弱くなって。
それでも、ボチボチやってます。

このブログを開くことがあるのかわかりませんが
私のブログは、まだお気に入りのままになってます。

季節の変わり目、お身体ご自愛くださいね。
Posted by セレナーデ at 2014年06月04日 08:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。