2013年05月31日

シオンちゃん ありがとう。


こんなに突然にお別れの時がくるとは思ってもいませんでした。

気が付くともう5日も経ってしまったのですね…。

ここ数日記憶が飛んでしまうことが多く、
シオンがお空に旅立ってしまったことが正直信じられないです。

でも、小さくなって戻ってきたシオンを見ると、
やっぱりもういないんだなって…。



最後の日。

その日は日曜日で動物病院は休診日でしたが、
前日に行ったときにもし調子が悪いようなら明日も来て下さいと。

朝から元気はなかったのですが、
食欲も少しずつ戻ってきて、
そうそう、カリカリもとってもいい食べっぷりになってきてたんですよ。

でも、月曜日まで待つのは不安で…。

やはり病院へ連れて行くことにしました、。


体温はまた37.1℃に下がってしまっていました。
体重は7.9kgと最後の最後にまた増えていました。

おしっこも少し出してもらい、
心臓の方は落ち着いていてそれほど悪くはないとのこと。

お腹の調子も落ち着いていました。

点滴してと注射を打ってもらってる間もぐったり元気がなかったような気がします。

それから先生とすこし話をして…
病院を後にしました。

家に戻ってから、
その日はパパさんがお休みなので、
いつもはなかなか買い物にいけない近所のホームセンターへ行き、
違う種類の流動食の缶詰などを買ってまた家に戻ったのが、
たぶん13時前ぐらいだと思います。

早速シオンに買ってきた流動食をシリンジであげたところ、
ゴクゴク食べてくれました。

カリカリもほんとにビックリするぐらいの食べっぷりで、
近くにいたパパさんに「カリカリって音が聞こえるでしょ?」って私が言ったくらいだったんですよ。

最後に水のみでお水をゴクゴク飲み、
そしてこれが最後の食事になりました。
なんと亡くなる30分前ぐらいまでカリカリを食べていたんですよ。

そのまま10分ぐらい抱っこしていて、
先ほど行った病院で体温が低かったのがとても気にかかり、
ホットっマットを敷いたベットに寝かせたんです。

それから何分ぐらいしたでしょうか…。

下痢はしても吐くことがなかったシオンでしたが、
突然、おえっおえって吐き出したんです。

食べたものの、
もう体が受け付けなかったんですね…。

すぐに抱きかかえ
そのまま背中をさすったりして…
いつものように抱っこしていたんです。

5分ぐらい経って…

シオンの頭が後ろにガクンと崩れたんです。
ここ3日間は全身の力が抜けたようなかんじだったので、
まさかその時に亡くなってしまったとはおもいませんでした。

シオンの顏を見たとき、
何か嫌な予感がして…

あわてて心臓の触ってみましたが、
すでに止まっていたようです。

ちょっと離れていたところにいたパパさんに
「シオンの心臓が動いてない!って大声で叫びました。

すぐパパさんが心臓マッサージをして、
私は口から何度か息を吹き込みました。

シオンちゃん、まだダメだよ。
お願いだから息をして。

でも、もう戻ってくることはありませんでした。

身体がまだ暖かく、本当に亡くなってしまったのかな。

獣医さんに電話してみようと思い、
外出中だったにもかかわらず、すぐに出てくださいました。

そして、やはり亡くなってしまってると。


これからは冷やしてあげてくださいとのことでしたが、
ホットマットのスイッチを切る勇気がなかなかなくて…
少しの間点けたままでした。

いつもは仕事でいないパパさんが一緒にいてくれたこと。
私が抱っこしていたこと。

それが本当に本当に良かったなって。


最後の時は私の腕のなかで逝ってほしいなってずーっと願っていました。


まだ眠ってるような可愛いお顔のシオンを見て、

ここ3日間は声もほとんど出すことが出来なくなり、
おしっこ出なくて、息をするのも大変そうなかんじだったので、

「シオンちゃん、楽になったね。
本当に頑張ったね」って、言いました。


私、思うんです。

3日前の夜中に突然下痢とおしっこをしてしまい、
その直後から声も出なくなって、
全身の身体の力が抜けたようなかんじになってしまって。

もしかしたらその時に亡くなってしまってもおかしくない状態だったんじゃないかって。

きっとシオンは旅立つ日を選んでいたのかなって。

そしてパパさんがお休みの日に私が抱っこしたままの時を選んだのかなって。

最後にカリカリを食べたのは私たちに元気な姿を見せたかったのかなって。


昨日、携帯から亡くなる30分ぐらい前の写真が見つかったんです。
なぜかその時撮らなきゃいけないっていう気持ちになったんですよね。

でもデジカメには入ってなかったので、撮ってなかったのかなって思ってたんですが…


抱っこしてカリカリを食べる前のものです。

シオンちゃん
SN3S0011-300.jpg
最後までカリカリ食べたね。

きっとママさんを喜ばしてくれたんだね。
ありがとう。


今朝のシオンです。

SN3S0001-600.jpg
たくさんのお花に囲まれてます。

SN3S0009-600.jpg
お気に入りの写真を遺影にしました。
14歳のころのものです。



大好きなお姉ちゃんや実家の母、
そしてたくさんのお友達のママが最後のお別れにきてくれて、
とても賑やかに見送ってあげることができました。

夕方、16年間お世話になった獣医さんも挨拶にくてくださいました。



やっとここまで書くことができました。


シオンちゃん 

私たちのところに来てくれて、
16年10か月という長い時間を一緒に過ごしてくれて、
ほんとにほんとにありがとう。




最後にお別れしたときのことはまた書きたいを思います。





いつもありがとうございます。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ





posted by yumisuke at 07:02| Comment(25) | TrackBack(0) | 旅立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

シオンはお空に旅立ちました。


先ほど14:00過ぎにシオンは抱っこしたままお空に旅立ちました。

あまりの突然の事で今は何も考えられません。



皆様にはたくさん応援していただき本当にありがとうございました。



シオン&yumisuke




いつもありがとうございます。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ




posted by yumisuke at 16:01| Comment(33) | TrackBack(0) | 旅立ち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

おしっこが出ない。


ご心配と応援、本当にありがとうございます。

昨日の夕方と今日の午前中、動物病院へ行って点滴と注射をしてもらってきました。

前日は37℃と低く、心配だった体温は
ホットマットを敷いて暖かくしておいた効果がでたのか
昨日は37.6℃まで上がりほっとしていたのですが、
今日は37,2℃に少し下がってしまいました。
どうしても食べる量が少ないのでなかなか上がらないんですね…。

心臓の方は、
おとといより昨日の方がは良くなって、、
さらに今日はもっと良くなってきてるとのことで、ほっとしました。

口の状態から貧血もなさそうとのこと。

体重は昨日は7.84kgで今日は7.82kg。

ですが、おとといの夜ぐらいからおしっこがあまり出なくなってしまい、
膀胱を圧迫して出してもらったころ180ccも出たんです。
今日もまた同じように90cc出ました。
今日の方がおしっこの量が少ないのに
体重があまり変わらないということは、ちょっとは増えてるのかな。

昨日はa/d缶をシリンジであげてもああまり食べてくれず、
お水も少ししか飲まなかったり、
寝たと思ってもすぐに起きちゃったりしてたのは、
膀胱におしっこが溜まり辛かったんですね、きっと(涙)

でも、もう大丈夫だよ、シオンちゃん。
ちゃんと膀胱の圧迫仕方を教わってきたからね!

そして、先ほど無事成功しました。

a/d缶の食いつきも良くなってきたような気がします。

そうそう、口の中を見てもらったときに何か出来物などができてないかも見てみらったんですが、
特に見あたらないそうです。

その時、獣医さんが、

「シオンちゃんの歯は本当に立派ですね!この年で本当にすごいです。
だから、長生きが出来てるんですね。」って。

シオンはついこの間までカリカリを食べていたんです。
私もこれはすごいなって思います。

また食べるようになってくれるといいな。
今日少しだけカリカリを食べました。


おととい、動物病院の待合室で

032-500.jpg

034-500.jpg
やはり元気がないです。

♡、。・:*:・゜`♥*。・:*:・゜`♡、。・:*:・゜`♥*。・:*:・゜`♡、。・:*:・゜`♥

今朝のシオン。

021-450.jpg
頑張って少しずつ食べてるの。

023-450.jpg
その調子だよ、シオンちゃん。


a/d缶に飽きてきたことも考えれるので、わんこ用チーズも少し食べたりしてますが、
他の缶詰も試してみようと考えていたところ、
なんと、カリカリをパクパク食べてくれたんですよ〜目
それもすごくいい食べっぷりでわーい(嬉しい顔)

嬉しい〜るんるん

下痢止めのお薬も飲んでるのでお腹の調子はいいです。、
この療法食のアシスト残渣ケアを食べてくれるようになるとさらに安定すると思うんですが。


いつもありがとうございます。

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ

posted by yumisuke at 16:03| Comment(7) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。